Google(グーグル)の大変動

ここ一か月、Google先生が暴れまくってます。
パンダ?ペンギン?いえいえ、そんな生易しいもんじゃないみたいですね。
いったい何をどうしたい大変動なのか、いまだ不明な部分が多いですが
手持ちサイトに起こった現象として、内容の薄かったり、ほとんどない
サイトは圏外へさようなら。。
それに対してしっかり作り込んでいたり、記事数が多い日記系のサイト
などにはページランクがついたりしています。

そもそもSEOと呼ばれる対策と、Googleの表示には矛盾があって
そもそもGoogleはみんなが良く検索するキーワードに関連するページや
コンテンツが人気があってリピートユーザーが多かったりして信頼度の
高いサイトを上位に表示したいのに、ショップや企業は、とにかく自分の
サイトを上位表示する為に内容の薄いサイトを量産してリンクを飛ばしたり
キーワード比率やページ内の単語を調整してGoogleのプログラム的な部分
を利用したりしていました。

無料ブログの存在もあって、意味なしサイトがネットに蔓延し、企業、業者
そしてアフィリエイターがネット内をわちゃわちゃにしてしまいいました。

そして今、ネット内は混沌を整理する時期にきています。FC2、ライブドア
そしてシーサーといった大手無料ブログは、意味なしサイトを無条件で削除
しまくり、Googleはコンテンツのしっかりしていないサイトを軒並み場外へ
放り投げています。

これからサイトを作るWEBデザイナーはSEOを意識しなければならないのは
もちろんですが、それよりもなによりも、人に見せる為にサイトを作って
いるという事を再認識して中身の濃い読んで為になる、そしてファンのつく
ようなサイトを作らないと(作れるようにならないと)この業界ではやって
いけない時代がすぐそこまで来ているような気がしますね。。

WEBデザイナーとSEO

SEOっていう言葉、いまや当たり前になりましたね。
SEOとはサーチエンジン対策のこと。SEO対策ってのは頭痛が痛いと同じで
間違った言い回しなので気を付けましょう。^^

ホームページを作ったらいまやSEOは切っても切れない関係です。
SEOしないと、山の中に一軒家のお店を構えたのと同じでいつまでたっても
人がきてくれません。なもんですから、サーチエンジンにインデックス
してもらい、さらには上位に表示されるようにあらゆる手を嵩じます。

でも、よくよく考えると、サーチエンジンは良く見られる、よく検索される
キーワードに準じたサイトを上位表示してユーザーの使い勝手に貢献するの
が本来の目的であって、それは純粋にサイトの中身を問題にするもので
そのために作り手が対策をたてるものでは本来ないんですけどね。

いきすぎたSEOが施されたサイトはもはや人の目を意識しておらず
ただただサーチエンジンに媚を売るだけのサイトに成り下がってしまいます。
キーワードの羅列され、文章自体深い意味を持たず、検索さえされれば
購入ボタンをおしてくれる単なるきっかけが増えるからとネット上に
ゴミサイトがあふれる状況になってしまいました。そう、2,3年前
までは。。。

今ではそんなサイトは検索結果の上位にくることはありません。きても
一瞬でしょう。グーグルのアルゴリズムはすさまじい速度で進化し、いまや
サイトの文章の意味まで理解し、コンテンツとしての深みが無いサイトは
インデックスすら飛ばされることもあります。

たしかにまだまだ、被リンクとしてのサテライトサイトもその力を全て
失ってはいませんし、日本語ドメインのハネムーンも健在です。でも
意味があり、コンテンツがしっかりしていて、ユーザーの為になるサイト
を重視するいわば人間っぽいアルゴリズムにグーグルは進化していって
いますもはやサイトの質を重視するグーグルに薄っぺらいサイトの量産や
サテライトからの被リンク、キーワードですらその意味を持たなくなって
くるかもしれません、ただしっかりしたコンテンツをもったサイトのみが
生き残れる時代の扉は半分開きかけています。