パワーポイントのアニメーション

WEBデザインをやってて、いろんなサイトを作ると、中にはスクリプトで
紙芝居形式に商品のプロモーションをしたい。なんて要望も出てくるわけで
その内容はだいたいワードとかのテキストで送られてきます。

んで、それを形にしてWEBに上げる為に、まずはパワーポイントにして先方に
チェックしてもらいます。
これも、いきなりパワーポイントで絵を描くわけではなく、まずはパーツづくり。
WEB制作の時もそうですね。まずはとにかく部品部品。。この作業だけに2週間
以上費やすこともあります。

んで、パーツが出来たらこれをパワーポイントに張り込んでアニメーションの
設定。できたらそれを圧縮して自分のサーバーにアップしてダウンロードURL
を先方にメールで送ります(容量がデカくてメールに添付できないので・・・)

これもWEBデザイナーの仕事の一部でしょうね。
もともとフリーランスでやり始めてからは、「こんなのできる?」という問いに
「できません」という言葉はほとんど返していません。

やったことがなくても、やり方が検討つかなくてもまずは「できます」と答えて
サンプルを作成するときに調べまくったり、どうしてもだめなときは外注を
使ったりしてでも形にします。これしないとそこで仕事が切れることも
あります。それに自分のスキルも上がりませんからね。。

日々こんな感じの繰り返し、常に本買って勉強してます。WEBデザインで食って
いこうと思ったら、こんなこともしなくちゃいけないこともあるというお話でした。

そもそもWEBデザイナーってなに?

「WEBデザイナー」っていう仕事って実はものすごく抽象的で、適当なのかも
しれない。。
先日もテレビかなんかで、「WEBデザイナー」が人気の職業としてあがって
いたけど、じゃぁ、いったい何をやる人なのか、どんなしごとがあるのかはっきり
言える人っている?
実際私は「WEBデザイナー」なんて呼ばれてかなりの年月仕事をしてきたけど
いまだに自分が「WEBデザイナー」かどうなのかなんてわからないまま
だったりする。

ほとんどの人は「WEBデザイナー」っていうのはDreamweaverとかつかって
綺麗なサイトを作り上げる仕事をする人だと思うんだろうけど、実際私が10年近く
受け持っている関西最大手電機メーカーのサイトはCSSをはじめとする制御が
激しくてDreamweaverなんて使えない。このサイトを更新等雄行っているツールは
Terapadというテキストエディターのみ。つまりHTMLを手打ちできてスタイル
シートを理解していないと作れない。
驚くことに知り合いの「WEBデザイナー」に手伝ってもらおうとしたら
「できない。HTMLが分からないから」
という返事が返ってきた。 なんかしまらない話である。

これから「WEBデザイナー」に憧れをもって将来なりたいなぁなんて考えて
いる諸兄はこんな状況をつくってしまわないようにせめてHTML,CSS
できればXMLやPHPまで理解しておいてほしいんだけど、、いまどきじゃ
ないのかなぁ。。