Google(グーグル)の大変動

ここ一か月、Google先生が暴れまくってます。
パンダ?ペンギン?いえいえ、そんな生易しいもんじゃないみたいですね。
いったい何をどうしたい大変動なのか、いまだ不明な部分が多いですが
手持ちサイトに起こった現象として、内容の薄かったり、ほとんどない
サイトは圏外へさようなら。。
それに対してしっかり作り込んでいたり、記事数が多い日記系のサイト
などにはページランクがついたりしています。

そもそもSEOと呼ばれる対策と、Googleの表示には矛盾があって
そもそもGoogleはみんなが良く検索するキーワードに関連するページや
コンテンツが人気があってリピートユーザーが多かったりして信頼度の
高いサイトを上位に表示したいのに、ショップや企業は、とにかく自分の
サイトを上位表示する為に内容の薄いサイトを量産してリンクを飛ばしたり
キーワード比率やページ内の単語を調整してGoogleのプログラム的な部分
を利用したりしていました。

無料ブログの存在もあって、意味なしサイトがネットに蔓延し、企業、業者
そしてアフィリエイターがネット内をわちゃわちゃにしてしまいいました。

そして今、ネット内は混沌を整理する時期にきています。FC2、ライブドア
そしてシーサーといった大手無料ブログは、意味なしサイトを無条件で削除
しまくり、Googleはコンテンツのしっかりしていないサイトを軒並み場外へ
放り投げています。

これからサイトを作るWEBデザイナーはSEOを意識しなければならないのは
もちろんですが、それよりもなによりも、人に見せる為にサイトを作って
いるという事を再認識して中身の濃い読んで為になる、そしてファンのつく
ようなサイトを作らないと(作れるようにならないと)この業界ではやって
いけない時代がすぐそこまで来ているような気がしますね。。