ホームページ制作のビジネスモデル例

最近よく行くお店のホームページのリニューアルをまかされました。
このお店、8年ほど前にローン(!)でホームページを作り、サーバーが
廃業するので移設したいが、できないのでサーバー借りるトコから含め
リニューアルしたいという相談でした。

聞けば5年ローンで計100万近く払い、当時特典でノートPCと記事更新
できる簡単なソフトがついてきましたがWinMEなんて今や過去の遺産。当然
新しいPCではソフトもまともに動きませんでした。

なかなかひどい話ではありますが、実は当時こんな感じのホームページ販売
が流行っており、実はわたしもそこで営業と制作をやってました。

このビジネスモデルの詳細はこうです。。
まず20人近いテレアポがタウンページ片手にNTTのふりをして片っ端から
電話をかけ、ホームページの新規開設に興味がないか聞きます。
反応のあったところへ営業マンが行き、NTTの話は一切出さずにホームページ
の説明を行います。作るホームページは5ページ程度。独自ドメインと
サーバースペース、それに型落ちのノートPCと記事更新ソフトがセットで
月々約2万円の5年ローン契約となります。
月2万円、記事は自分で更新できてお店や会社のホームページが持てると
いうことで当時は結構受注がありました。こちらもローンだと信販会社から
まとめて入金があり、会社資産は潤沢になり、若い社長は外車に乗ってました。

ところが年月がたち、5ページ程度のホームページの値段がそんなに高くない
ことが素人にも分かるようになり、SEOもかけていないサイトは順位も上がらず
まるで魔法の道具だと信じていた人たちから苦情が入るようになります。
そして3年後、その会社はなくなりました。社員も全員解雇。
サーバーもドメインも外部委託なのでユーザーに直接更新の連絡がいきます。
サーバー会社が廃業したりすると最悪でユーザーはローンだけ残してホーム
ページを失うことになります。

当時、それでホームページを作ってしまった人からも結構リニューアルの
仕事をもらったりします。ページ数も少なく、金額も微々たるものですが
なんか、申し訳なくて、しっかり作り込んであげたりしています。